読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふゆうがほしい

思ったことを書くための日記帳

ジバコイル技考察

真面目にジバコイルのことを考えてみる。

今回は技について。

 

◯攻撃技

[電気]

10まんボルト

 安定の基本技。アタッカーで特に理由がなければ普通この技を採用する。

・かみなり

 威力は抜群、命中は不安だが3割麻痺はおいしい。雨、重力、Z技狙いでの採用か。

・ほうでん

 主にダブル用。シングルでも3割麻痺狙いで非アタッカーでの採用はあるかも。

でんじほう

 威力は最強だが流石に命中が...。重力前提かZ技での使用ならあり。

ボルトチェンジ

 特攻130からのボルトチェンジは強み。

 電気技がこれだけだと不安なので大抵は他の電気技と併用。

・チャージビーム

 積み技はこれくらいしかない。磁力型ならあり。

・エレキネット

 微妙な素早さを補える。地面に気をつければ面白いかも。

 

[鋼]

・ラスターカノン

 安定の基本技2。電気技との組み合わせでカプ系に強く出れるので優先度高め。

・ミラーショット

 よほどの理由がなければラスターカノンでよい。

 

[ノーマル]

・トライアタック

 めざパ以外の電気への有効打。メガネなら使えないこともない。

はかいこうせん

 頑丈でのラス1対面かZ技用。

・だいばくはつ

 サポート型での自主退場用。威力は残念。

・めざめるパワー

 よく使うのは氷、炎、地面あたり。水地面が流行れば草もあり。

 

[虫]

シグナルビーム

 過去作の教え技。範囲の補完にもならずあまり有効にはならない。

 

[エスパー]

ミラーコート

 炎技を呼ぶので使い道はある。頑丈との相性も良い。

 

◯補助技

・バリアー/てっぺき

 積んでも地面は無理だが、もともと物理は固めなのでかなり固くはなる。

・エレキフィールド

 カプ・コケコが使えない環境なら。頑丈で始動しやすく、挑発は受けにくい。

・リフレクター/ひかりのかべ

 何気に両壁使い。マンムーの壁貼りがありならジバコイルもありかも。

きんぞくおん

 特防の高い耐久型を強引に突破できるかも。

・どくどく

 得意不得意がはっきりしているから打ちやすい。

・あまごい

 ジバコイルがやる意味があるかどうかはさておき、発動はしやすく雷もある。

・ねむる

 回復技はこれしかないので耐久やるなら必須。

・でんじは

 微妙な素早さが補えるので相性いいが、地面呼びまくるので打つタイミングが重要。

・じゅうりょく

 かみなりやでんじほうと組み合わられる。

 

特攻130あるから大抵はアタッカーなんだけど、技だけ見ると補助技も悪くない。

退場技もあるし、案外サポート型にしてもやってけるかも。

大きいのは頑丈とほぼ挑発をもらわないこと。

 

アタッカーとしてみると範囲が狭く、地面や電気相手に打つ技がない。

めざパの採用はほぼ必須かなーと思ってます。

積み技もないので全抜きエースとして採用するのは難しい。

やっぱりサイクルまわしながらエースにつなげる使い方が無難かなあ。

サンムーン コイル一人旅2

引き続きコイル一人旅継続中。

現在ポニ島に到達。前回地点からここまでは予想通り割と順調。

途中強制ダブルバトルがあったので、2匹目のコイルを適当に捕獲して乗り切った。

以下苦戦した敵。

 

◯プルメリ(1回目)

ヤトウモリがはじけるほのおを使ってくるので確2で落とされる。こちらのチャージビーム1撃では倒せないので頑丈で耐えても勝てない。しかたないので電磁波入れて麻痺待ちして倒した。3回リセット。

 

◯ハウ(6回目)

ブースターが無理。ドーピングアイテムを切らしていたのでなすすべもなくやられた。

負けても先に進めたのでおとなしく負けた。勝とうとするならディフェンダーを使えばどうにかなるかなあ。

 

◯マーレイン

アローラダグトリオがきつい。こちらの攻撃はすべて半減以下で電磁波無効。相手からは先制され泥爆弾で頑丈圏内となるが、先発のエアームドで削られているので頑丈は潰れており耐えれない。幸いエアームドの攻撃もコイルには通らないのでここでスピーダー3、スペシャルアップ2をドーピング。先制してラスターカノン1撃で仕留めた。2回リセット。

 

◯マーマネの試練のクワガノン

クワガノン自体は大したことないが、お供のデンヂムシのどろかけと糸を吐くがやっかい。どろかけはそこそこのダメージに加えて命中を下げられ、攻撃がまるで当たらなくなる。クワガノンは充電を連発するので特防が上がってしまい、当たったとしてもダメージが入らない。遅いので先手は取れるが、それも糸を吐くをされると逆転される。

ここはディフェンダー1、クリティカット1、スペシャルアップ1を積んでラスターカノンの急所狙いで攻めた。命中を下げられながらも急所を2回引き、ラスターカノン3発でクワガノンを沈めた。だが、攻撃が当たらなすぎて11回リセット。ヨクアタール使えばもう少し安定するかも。

 

◯15番水道のエリートトレーナー

アローラガラガラを使用。ホネブーメランで頑丈貫通して一撃で持ってかれる。こちらの攻撃は半減以下しかないのでお話にならない。海岸への道を塞いでいるので勝負を避けることもできず意外な関門となってしまった。

何度か挑んだらホネブーメランを1度しか使わず、しかも外すという僥倖が起こり何とか突破。8回リセット。

 

以下は意外と苦戦せず。

アセロラの試練のミミッキュ

ミミッキュ自体はコイルなら楽勝だが、お供にゲンガーを呼ばれるとシャドーボールで半分以上持ってかれきつい。ゴーストだと火力は下がるので楽だが、どのみち催眠術が飛んでくるのが厄介。今回は運よく催眠術も当たらずリセットは1度で済んだ。

 

◯プルメリ(2回目)

ヤトウモリがエンニュートに進化、今度ははじけるほのおで頑丈圏内。諦めてスペシャルガードを使って突破。2回リセット。

 

クチナシの大試練

ワルビルがきついと思っていたが、ここまでに電磁浮遊を取得して楽勝だった。

 

◯グスマ(3回目)

カイロスが型破りで瓦割りを使う。初見では見事にやられました。

ディフェンダー使って突破、1回リセット。

 

ルザミーネ(1回目)

キテルクマがきついので、最初のピクシーでスペシャルアップ1、スピーダー3積み。あとは放電とラスターカノンで全員一撃で粉砕。

 

レベルが上がって能力が高いことと、技がそろってきたこともあり、ドーピングすれば大概どうにかなるようになってきた。

これなら四天王までは大丈夫そうだが、四天王はドーピングで乗り切れるだろうか。

サンムーン コイル一人旅

アローラビギニングが終わってからはサブロムを進行中。

BW2以降のポケモンは毎回サブロムでコイル一人旅やってます。

コイル1匹しか使わない以外の縛りは特になし。

現在アーカラ島大試練前まで到達。

 

今回は最序盤のトレーナーハウスでコイルが出るのでここからスタート。

ここで特性が頑丈のコイルを捕まえます。

個体値や性格は特に厳選せず適当に。

御三家はモクローを選んだ。(メインロムはアシマリだった。)

こうするとハウはアシマリになるので少し楽だが、イリマのドーブルポケモンリーグ最終戦が辛くなる。どっちが楽は何とも言えない。

以下ここまでで辛かったところ。

 

◯イリマ戦のドーブル

ひのこで半分以上持ってかれる。

初手ででんじは入れてバグ待ちすれば何とかなりそうだったが、面倒なのでスペシャルガードを使って突破。

やたら急所をもらったこともあり10回ほどリトライした。

 

◯ハラの大試練

初手のマンキーのからてチョップで半分以上持ってかれる。

ディフェンダーを使えば勝てるが、きあいだめされると確定急所になり積む。

マンキーを突破できてもマケンカニのZ技があるので油断できないはずだったが、運よく食らわなかった。

マンキーの突破が難しくここも10回ほどリトライした。

 

◯カキの試練のエンニュート

今のところの最難関箇所、はじけるほのおで頑丈発動まで持ってかれる。

お供のヤトウモリが挑発してくるので電磁波は入れづらい。

スペシャルガードを使っても半分以上持ってかれるので、フィラのみを持たせて無理やり2回耐えられるようにして、回復しながらチャージビーム4回でどうにか仕留めた。

大概は途中で急所をもらってしまい、23回リトライ。

 

スイレンの試練のヨワシ、マオの試練のラランテスも強敵だがコイルだと楽。

ヨワシはスペシャルアップを使えばチャージビームで一撃、リトライは1度で済んだ。

ラランテスもお供がケララッパなら、いやなおとを3回食らう前にチャージビームで特攻を2段階上昇できればミラーショットで押し切れた。3回リトライ。

ポワルンが来ると無理。

 

以後しばらくはスイスイ行きそう。

止まるとしたら地面だらけのハプゥだけど、その頃には電磁浮遊があるはず。

今のところはまずまず順調なのでこのペースで進めていきたいところ。

アローラビギニング KP比較

アローラビギニングのランキングが公開されましたねー。

最終レートは1588で2946位でした。うーん微妙、もっと頑張ります。

 

ポケモンランキングも公開されていたので自分で集計した奴と比べてみる。

f:id:Magnemite:20161220232046p:plain

青字は公式の集計より低かったポケモン。(低レート帯で不人気)

赤字は公式の集計より高かったポケモン。(低レート帯で人気)

 

トップは大正義ガブリアス。上位陣を見てみると公式結果ではテッカグヤ、キュウコンが多く、ソルガレオゲッコウガが少ない。テッカグヤは調整次第でさまざまな型が作れて自由度が高そうだけど、初心者向きではない気はする。キュウコンは積み構築での壁貼り役、ベトベトンが流行りそうだったこともあってちいさくなるに対抗できる必中吹雪が人気の秘密だろうか。

 

あとはギャラドスギルガルドが公式結果では多い。ギルガルドはともかく、ギャラドスは育てやすくわかりやすい強さもあるのになんで不人気だったんだろうか。

ガラガラはふといほねがなくてもトップ30入り。地面はガブリアス、バンバドロしかトップ30にいないこともあって貴重な電気無効枠として活躍していると思われる。

 

ジバコイルがギリギリ30位に滑り込んでてちょっとうれしい。みんな使おう!

でんきタイプのトップ30は他にカプ・コケコとデンシュモク。でんきタイプの準伝は優秀ですなあ。バンク解禁後はサンダー、ライコウボルトロスもいるし。

はがねタイプはテッカグヤを筆頭に、ソルガレオギルガルドメタグロスマギアナハッサムとライバルだらけ。レートではソルガレオマギアナが使えないといえかなりの激戦区である。鋼枠に誰を採用するかはパーティ内のほかのポケモンによるところも大きそう。

 

母数が少ないので精度は微妙だけど、やっぱりレートによって使用ポケモンの分布に違いはあるのかなあと思える内容でした。

 

アローラビギニング KP

アローラビギニングお疲れさまでした。

1日経ってネットを見てみるとレート1700~1800越えの人が結構いてびっくり。

やっぱ強い人は強いですねえ。

 

アローラビギニングで行った45戦でKPを集計したので公開。

特殊なルールだったし、今後役に立つかどうか微妙だけど。

レート1500~1600くらいの話なので上位の人の参考にはならないかなあ。

 

みんな大好きエクセルで集計した結果がこちら。

f:id:Magnemite:20161219214007p:plain

 

KP1は省略。

R付けたのはリージョンフォーム。

ルガルガンはとりあえず昼と夜として分けてみた。

以下気になったところ。

 

◯トップ3について

トップ3はカプ・コケコ、ガブリアス、ミミッキュと、どれも通常のレートで活躍中の人気ポケモンが連なった。

上位2体は納得だけど、ミミッキュはルナアーラがきついしもっと少ないと思ってた。

 

◯トップ3以外のKP上位陣について

ソルガレオが僅差でルナアーラを上回った。上位陣のKPだとルナアーラが増えるんじゃないかと。

びっくりしたのがドヒドイデの多さ。人気のポリゴン2が微妙になるルールだったから代わりの耐久ポケモンとして白羽の矢が立ったのだろうか。

あとガラガラR。もっと数を減らすと思ったらすごく多かった。アローラの炎ポケモンの人材不足のせいか、あるいは地面が人材不足で電気無効枠やトップメタのカプ・コケコ対策枠としての採用だったのか。

 

◯KP下位陣について

ギャラドスが妙に少なかった。メガが主流だから今回は不採用ということだろうか。

マギアナも少なかった。強いとは思うがソルガレオルナアーラを押しのけるほどではなかったということかなあ。

 

◯御三家

妙にアシレーヌが少ないが、ガオガエンやジュナイパーは結構いた。

旅パで潜った人も結構いたのかなと思える。

ガオガエンは結構刺さっているので使ってみた人も多いのかも。

シレーヌが少ないのはサトシゲッコウガあたりと水でかぶるからかな。

 

◯その他

ベトベトンは対ルナアーラとして数を増やしているように見える。

あとはナマコブシとかジジーロンが一定数いてびっくり。

ナマコブシは実際出されて面倒ではあった。とびだすなかみは面白いと思う。

ジジーロンはたぶんトリパのドラゴン枠としての採用かと思われる。

火力がサザンドラ以上で範囲広いからハマれば強いかも。

 

初のイベント参加は微妙な結果ではあったけど、久しぶりに対戦が楽しめた。

次以降のイベントも楽しみだなあ。

今後はアローラでのレートデビューに向けて準備を進める予定!

アローラビギニング反省会 + 使用パーティ

アローラビギニングの試合を消化したので反省会。

[結果]

レート:1580~1590くらい

45戦26勝19敗(サーバから切断されて負けが2回)

 

50BPが目当ての人の存在を考えると実質5割くらいかな。

レート1600にすら届かなかったのは力不足としか...。

 

自分用の記録として、以下使用パーティ。

テーマは雨トリル。(残念ながら欠陥構築)

 

ジバコイル ひかえめ がんじょう

H232 C252 D4 S20  H236 C252 S20 (2016/12/21 間違えていたので修正)

かみなり ラスターカノン ボルトチェンジ どくどく

努力値は定番のやつ。

雨パだからかみなり採用したけどなかなか良かった。

どくどくは1度しか打たなかった上に外した。

めざ氷個体だったので素直にめざパでよかったかも。

 

ペリッパー ひかえめ あめふらし

HCぶっぱ B4

ハイドロポンプ ぼうふう れいとうビーム とんぼがえり

今回のジバコイル相棒枠兼エース。

やや低いSをトリルで補うと火力はあるし暴風必中だしなかなか使いやすかった。

正直予想以上に使い勝手が良く、今後もジバコイルとのコンビで使ってみたいと思えた。

 

●ナッシー(リージョンフォーム)ゆうかん おみとおし(笑)

HAぶっぱ B4

ウッドハンマー じしん りゅうせいぐん トリックルーム

トリル枠誰にするか考えて、大爆発できるということで採用...したはずだったのに覚えさせ忘れる痛恨のミス。

退場技がウッドハンマーになってしまったので安定感には欠けていたが、トリルしてから自分がアタッカーとなれたケースも結構あったし結果オーライ。

トリル自体はそこそこ刺さって、ペリッパージバコイルを頼もしいアタッカーにしてくれた。

耐久はHにしか振ってないためか予想外に脆く、氷技(特にめざ氷)をもらってトリル貼れないまま落ちることも多かったのは反省。

 

ベトベトン(リージョンフォーム)ゆうかん どくしゅ

HAぶっぱD4

ダストシュート かみくだく だいもんじ ちいさくなる

影打ちが遺伝技であることを忘れ、努力値振ってから思い出す2つめの痛恨のミス。

仕方がないのでちいさくなるで無理やり運用。

採用理由はルナアーラ対策枠としてだったがピンポイントすぎてあまり使わなかった。

使った試合はそこそこ活躍してくれたのでよし。

 

ハピナス ひかえめ てんのめぐみ

BCぶっぱD4

チャージビーム だいもんじ れいとうビーム たまごうみ

いわゆるハピで止まります。

特殊アタッカーを止める姿は味方なら相変わらずの頼もしさ。

せっかくとくこうがそこそこあるのでチャージビーム型にしてみたけど、意外と良かった。(チャージビーム外さなかったのがえらい!)

選出率は一番低かったけど、仕事はきちんとしたので好印象。

 

●オニシズクモ ゆうかん すいほう

HAぶっぱD4

アクアブレイク きゅうけつ とびかかる ミラーコート

今回のエース枠...だったのだが戦略に無理があった。

正直トリル + 雨までお膳立てしないとまともに運用できず、そこまでできても強いかといわれると厳しい。

ジバコイルとの耐性面での相性は良いが、それだけで運用できるほどではなかった。

 

選出はほぼジバコイル + ペリッパー + ナッシー。

先発は相手によって切り替えるけど、6割ジバコイル、3割ナッシー、1割ペリッパー

辛かったのはナッシー先発時のデンジュモク、ガブリアス

ジバコ + ペリッパー + トリルという戦略自体は悪くなかった気がするので、改良してレートデビュー時に使うかも。

アローラビギニング開催!

して3日目の最終日、ようやく育成完了した...。

だいぶ遅れてしまったけどこれから参戦開始!

アローラビギニングの目標は勝率5割。

XY・ORASでの最高レートが1792のクソザコナメクジなので達成できるかと言われると微妙ではある。

 

このイベントが終わったらサブロムを進める予定。

やっぱりサブロムでとったメタモンがいないとコイルの厳選が捗らない。

並行してレート用のパーティを考えて、年内の参戦を目指す。

がんばろう。